自律神経失調症は様々な症状が現れる|病院でしっかり改善しよう

笑顔の女性

その体の不調の原因は何か

看護師

自律神経失調症には様々な症状があり、薬物治療では主に対症療法が採られます。しかし薬物以外にもカウンセリングや鍼灸、そして自分で生活を改善する方法があり、生活改善は特に、仕事などでも役立つことがありますのでお勧めです。ただしそれでも改善されない時は、他の病気の疑いがありますので検査を受けましょう。

View Detail

自律神経の働きとストレス

病院

不安定になる体の機能

不眠やめまい、頭痛や原因不明の動悸などは、少なくともストレスが関係していると言われています。こうやって体の機能に何らかの障害が出てしまう症状には自律神経失調症があり、自律神経のバランスが崩れてしまうことが原因です。症状を具体的に見ていくと、不眠はいつもの就寝時間になかなか寝れなくなり、ほとんど睡眠を取っていない状態から体の疲労が襲ってきます。この状態が毎日続くと、寝れない苦しみといいようのない疲労から、睡眠薬に依存する人も少なくありません。めまいでは、内耳になる器官が機能障害となってしまうために起きてしまいます。メニエール病や突発性難聴でもそうですが、これらの原因もストレスによる自律神経失調症という見方もあるのです。体を動かすときに不意に出てくる症状もあれば、常に感じてしまうこともあります。また、頭痛も自律神経失調症にはよくある症状で、特に多くの人が痛みを訴える偏頭痛は、その一部が自律神経の乱れが原因になっています。偏頭痛は血管が拡張して起きてくるため、これも自律神経の作用が関係しているのです。そして、意味不明な動悸に関しても同じことが言え、これが繰り返されることで精神的にも落ち着くことができません。自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、このバランスが正常に保たれることで体の機能も安定して辛い思いをすることもありません。けれども、ストレスを強く受けることによって次第にバランスが崩れるようになり、体の機能が不安定になってしまうのです。自律神経失調症は強いストレスによって起きてくる症状で、人によってその症状の程度も大きく違ってきます。

現代社会の問題点

現代社会の問題がストレスを受けやすい環境となっていて、これが原因で心身ともに弱ってしまう人が目立ち始めました。自律神経失調症もその1つで、日本国内だけでも約65万人もの人が症状に悩まされています。しかし、本人がその症状に気づいていない場合も多くあり、実際のところはその数を大きく上回る人数が予想されているのです。自律神経のしくみである交感神経と副交感神経は、活動と休止の役割を担います。交感神経が活動を促し、副交感神経が睡眠やリラックス状態の休止を担うため、これで安定的な毎日が送れます。しかし、自律神経失調症になってしまうと常に交感神経が前面に出てしまうため、体を休ませることができません。体の機能が異常なほど活発になってしまい、健康的な日々を送ることができなくなってしまいます。ストレス社会になってしまった原因にはいろいろな見方ができますが、丁寧さや完璧さを求める声は昔と比べて高くなってきました。その結果、複雑な人間関係や長時間労働によるストレスが増えてきたと考えられます。このようなストレスによる症状を抱える人は年々増加し、それを治療する専門病院も増えてきました。会社では自律神経失調症などが原因で休職する人も珍しくはなくなり、学生でも症状を訴えている人が目立ってきているのです。こうした事態からストレス緩和となる政策が注目されるようになり、会社や学校でいろいろな取り組みが行われている状況です。今後も患者数の増加が予想されているので、社会全体で受け止めていかなければいけない問題となっています。自律神経失調症を発症してしまったら、まずは専門病院で治療をしていかなければいけません。乱れた自律神経を正すための薬で治療が行われ、これをしばらく続けることで症状も次第に落ち着いてくるようになるでしょう。

ストレスにより起こる病態

悩む女性

自律神経失調症とはストレスなどが原因で、自律神経が乱れることにより、心身ともに様々な症状が引き起こされる状態です。身体的な症状が倦怠感や頭痛、不眠などで、精神的な症状がイライラ、不安感などです。早めの治療とライフスタイルの見直しと改善が重要ですので、早期に専門医への相談しましょう。

View Detail

身近な病気

看護師

自律神経失調症では、様々な症状が現れます。自律神経は体のあらゆる機能と関係が深く、バランスが崩れると全身に影響が出てくることが問題です。自律神経失調症には多くの場合ストレスが関わっており、日常生活の工夫が症状を和らげるコツとなります。

View Detail